メール配信サービスを導入するデメリット

迷惑メールと判断されてしまう


新商品発売の案内や売り出し情報などを素早く簡単に伝えるにはメール配信のサービスが便利です。多くの登録者に対して一斉にメールを送信することができるので、個別で対応するよりも効率的です。ただ、デメリットがあるのでメール配信サービスを導入する前に把握しておきましょう。迷惑メールと判断される可能性がある点はデメリットの1つです。万が一、迷惑メールだと判断されてしまうと中身を最後まで確認してもらえなかったり、中身をチェックする前に削除されたりといった状況が考えられます。送信できたとしても内容をきちんとチェックしてもらえなければ意味がありません。それどころかメール配信の登録を解除されるリスクがあることも理解しておきましょう。

売上や利益がアップするとは限らない


メール配信サービスによって顧客に情報を提供したとしても、確実に売上や利益がアップするとは限らない点はデメリットとして覚えておきましょう。つまり、状況次第ではメール配信の導入費用を回収できずに終わってしまう可能性があります。どのような結果になるのかは実際に試してみなければ判断することは難しいものの、少しでもリスクを減らすには安いプランから利用することをおすすめします。配信数や利用できる機能は少なかったとしても、試すだけなら仮に失敗したとしても小さい負担で済ませられます。売上や利益がアップしたり、反響があったりした場合は配信数や機能が充実しているプランに切り替える方が少ないリスクで大きな利益に期待できます。