メール配信サービスを使用する際の注意点

一度にどのくらいの数のメールが送信できるか業者間で比較しよう


メール配信サービスの導入を計画するうえで、様々な業種の法人顧客が利用している業者の専用のサイトを使って、一度にどのくらいの数のメールが送信できるか比較をすることが大切です。たとえば、定額料金を支払うことでいつでも千件以上のメールを配信できるサービスについては、官公庁から中小規模の民間企業まで様々な職場でニーズが高まっています。また、メールの送信数については、それぞれの業者が採用しているシステムの性能に大きく左右されます。そのため、予算に余裕があれば、最新型のメール配信システムを構築しているところや、ネットワークエンジニアなどの優秀な技術者が配置されているところを契約先の候補に選ぶことがおすすめです。

毎月のサービスの利用料金を把握しやすい業者を探そう


メール配信サービスを継続的に使用するには、少なからずランニングコストの支払いが必要となり、会社の経営を圧迫しないようにするには、契約前に慎重に各業者の料金体系を把握することが肝心です。たとえば、メールの送信数に応じて料金が決まる業者については、毎月の出費を把握しやすく、必要最小限のサービスを利用することが可能です。また、顧客数の増減に応じてメール配信サービスの利用を考える際は、定期的に契約内容の見直しをスムーズに行える業者にお世話になることが大事です。なお、業者によってメール送信に付随するオプションサービスの種類が異なるため、メールマーケティングに力を入れたい場合は、余裕を持ってお目当ての業者の資料請求をしましょう。